トップページ ニュース アクセス
犬猫何でも相談 犬猫食事サポート いろんなお話 ちょっとだけオリーブの言い分 取扱商品
 オリーブのいろんなお話

お話の前にちょっと・・・・
梅雨や台風シーズンや季節の変わり目は、天気や気温がとても不安定になります。

この季節に体調不良を感じられる方も多いのではないでしょうか。
だるい・眠い・疲れやすい・関節が痛む・風邪のような咳が出る
むくむ・頭痛・喘息の発作がでる・肩こり・・・・などなど。

一時的に起きるこれらの体調の変化には、低気圧が影響している事が多くあります。

この気圧による体への影響は、私達だけではなく
犬猫にも影響する事があります。
特に持病を抱えていたり、体調不良の場合は
症状が強く出てしまったり悪化したり・・・。
虚弱体質の子は一時的にコンディションが崩れてしまったり・・・。

基本的には、体が正常に保たれている状態ならば
低気圧に大きく左右される事はないようですが、
こういった時期に、皮膚や関節のトラブルが復活したり
変わった事も無いのに下痢をしたり・・・・

もしかしたら・・・健康とは逆方向へ歩き出しているかもしれないですね。

気圧に影響されない体作りは、事前の病気予防や
体質改善に大いに役立ちそうです。

では、・・・・始まりです。





天気予報でおなじみの『低気圧』『高気圧』

気圧は簡単に言ってしまうと空気の重さによる圧力って事なんだけど

空気の密度が高くて重いのが⇒高気圧
空気の密度が薄くて軽いのが⇒低気圧

日常的に実感している人はいないと思うけど、私達はいつも空気の圧力に押されているのね。
でもちゃんと適度に押し返して体を保っているから心配ないんです。
押し返さなかったら潰れちゃうからね。

細胞のレベルで見てみると・・・
気圧が低くなると外からの圧が緩むからボワッと膨張しちゃうんだよね。


例えば・・・・
深海魚が釣り上げられると目が飛び出たり内臓が口から出てきちゃったり
スナック菓子をもって高い山に登ると袋がパンパンになっちゃたり
ペットボトルや缶コーヒーがパンパンに膨れる。

これも圧力から解放されて、膨張しちゃう現象だね。


それに低気圧下では酸素がうまく取り込めないから
いつものようにたっぷり酸素を体へ運べないんです。
その代表的なのが高山病。
低気圧下で体内の膨張と酸欠状態になっちゃう怖い現象。

エレベーターや飛行機、潜水で耳の感じがへんになるのも
気圧の変化による現象だね。

低気圧下で体に起きる変化としては、
『膨張』 『酸欠』 『自律神経のアンバランス』

ん、気圧は体にいろいろ影響してそうですね。


体の外側からの圧が緩むと
体のいろんな所が膨らんじゃうのね。

血管もリンパも臓器も脳も膨らむわけで、
体の中はパンパンな感じ。
さっきの↑ペットボトルや缶みたいにね。

それは・・・・
腫れ、むくみ、炎症を起こして
様々な不調な症状を出すことがあります。

例えば全身を駆け巡っている血管が膨張すると・・・

血管が膨張 ⇒
血流が悪くなる ⇒ 貧血・酸欠
水分がにじみ出てくる ⇒ むくみ
毛細血管のふくらみ ⇒ 炎症




  低気圧下では、普段通り呼吸していても
供給される
   酸素の量は減っている。



   それに、肺が膨張すれば酸素は血液に送られにくくなるし、
   血管も膨張して血流が悪くなっていると・・・・
   全身への酸素の供給量も少なくなる事になるよね。
   そうなるとこんな症状が出たりする↓
     食欲不振・嘔吐・だるさ・めまい・ふらつき・息切れ・
チアノーゼ・咳・・・
    元気で健康な子は、症状を出す事は無いかもしれないけど
    病気や持病、高齢な子は影響を受けやすいから
    症状が悪化したり、体調を崩したりする事があるかもしれないね。


低気圧になると自律神経の副交感神経が優位になります。

自律神経の交感神経と副交感神経は
白血球と深く関係をしています。

交感神経が活発な時には顆粒球が増え、
副交感神経が活発な時にはリンパ球が増えます。

副交感神経が優位に傾きすぎてリンパ球が増えると・・・

免疫や炎症に関与する情報物質がリンパ球から発信されて、
リンパ球によって炎症が活発化しちゃったりします。

自律神経のバランスが崩れている子や病気を抱えている子、
高齢な子、虚弱体質な子は、
もともと炎症性の疾患を持っていなくても
影響を受けやすいかもしれないね。



低気圧が影響する、膨張も酸欠も副交感神経優位も
色々複雑に絡み合ったり、体質や体調によっても、
いろいろな現象を起こします。

それに、低気圧の時は、どんよりした曇りだったり、
湿度がぐっと上がったりするから
そういった要素も加わって気分の変化もコンディションに影響しそうですね。

気管や肺 気管支炎・鼻炎・咳・喘息・呼吸不全・他
下痢・軟便・血便・腸炎・他
脳圧↑・吐き気・めまい・てんかん・メニエール・他 
関節 関節炎・関節痛・他
心臓 息切れ・不整脈・血流障害・だるさ・他
これだけじゃないけどね。

臓器は機能低下や炎症、脳も膨らんで圧迫される、
特に心臓は影響を受けやすいからね。



天気を替える訳にはいかないからね。
普段から体のコンディションを整えるのが大切。
ざっくり言ってしまえば、免疫力なんだと思う。

『いろんな変化にどれだけ対応できますか?』って事かな。

そのためには、『運動で適度な筋肉維持』と『バランスのとれた食事』が大切だね。

特に、体にウィークポイントがある子や病気を抱えている子は、
それをカバーしたり、サポート出来る栄養摂取が大切になるよ。

それから、梅雨の季節が来る前に
体をリセットする『解毒』
体力や代謝アップの『適度な運動』
『太陽のリズムに合わせた生活』
を心がけてあげましょう。

でも、高齢の子や体調不良や病気の場合は、
絶対に無理をしない事。

病気などで症状が予測できる時や
悪化が考えられる時には
事前にかかりつけの病院などで
対処を聞いておくと
安心かもしれませんね。


病気でもなく普段は元気なのに、低気圧時にコンディションを崩すという事は、
色々な変化に対応しにくい体の状態という事だよね。
若いうちは気にならないかもしれないけどね、
元気な毎日や元気な老後を目指すなら
今だけだからって、放っておかない方が良いと思うよ。

大切なのは、やっぱり毎日の積み重ね。だね。

オリーブのお薦め

核酸栄養補助食品  
  ドクターのり子のサプリメント


宮野のり子獣医師の
動物用核酸栄養補助食品
Dr.Noriko 地天泰
ニューヌクレオエンジェル
 N&A300 N&A1200
Dr.Noriko
ニューエンジェルセブン



ご相談の申し込みや各種お問合せは、下記までお願い致します。
052−846−3365


アクセス

Copyright (C) 2016 Olive. All Rights Reserved.